FC2ブログ

マイクロチップ

ペットや研究実験動物管理により小さいRFタグです。
読み込み・書き込みが出来ます。非常に優れたタグです。
ご意見・依頼下さい。

「マイクロチップ国際規格」

犬や猫などのペットをはじめ動物の個体を識別するタグ(名札)として国際標準機構ISOが規格化したものです。一般に使用されているマイクロチップには15桁の固定の英数字が登録されています。
内訳は
国別コード(3桁)+動物種コード(2桁)+会社コード(2桁)+動物個体番号(8桁)
(例えば392143000012345です。)→(この8桁の番号が固有の動物に付けられた番号です)

8桁の個体識別番号だけでの動物の管理には限界がありますので、日本マイクロチップ技術開発株式会社は8桁の個体識別番号以外に動物の情報や飼主さんの情報などを登録できるマイクロチップを開発しました。(日本マイクロチップ技術開発株式会社の新しいマイクロチップ)
「マイクロチップの装着」 マイクロチップは専用の挿入器(インジェクター)で埋込みます。
犬や猫の場合は、背側の肩甲骨の中央の皮下または頚部の中央より左側の皮下です。
【マイクロチップ装着概要図】
wan.jpg
【マイクロチップ読み取り装置】
sk.jpg
マイクロチップの販売
マイクロチップは主にアメリカとスイスの会社が販売しています。
日本はマイクロチップを輸入して使っています。
h.jpg

新しい検疫制度
平成16年11月から犬、猫、きつね、あらいぐま及びスカンクなどの検疫制度が始まりました。この検疫制度では到着する犬等と輸出国政府機関の証明書の照合等を行う方法として、ISOの規格に適合するマイクロチップによる個体識別法を採用しました。
マイクロチップによる個体識別によって従来14~180日間とされていた到着時の係留期間を12時間以内に短縮することができるようになりました。
sai.jpg
参考:動物検疫所 動物検疫所/日本からの犬、猫の持ち出し

メーカー問い合わせ:日本マイクロチップ技術開発株式会社
          http://www.microchip-japan.com/
販売問い合わせ:htt://www.tis-chaco.com
スポンサーサイト



プロフィール

TiS co.,ltd

Author:TiS co.,ltd
FC2ブログへようこそ!
電子部品(国内・海外半導体や抵抗・コンデンサーその他機構部品)
基板設計及び基板加工など総合的受けている。部品総合商社です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR